内科医院・クリニックの開業・集客ポイント

内科医院・クリニックとして開業し、集客も含めて、健全な病院経営が出来るようにするには、内科専門科医院として開業するより、一般内科または総合内科として開業する方が、集客が望めます。一般内科、またはファミリークリニックと表示すれば、慢性疾患の患者さまからお子さま、だけでなく、精神科~外科まで幅広く受診に来られます。その場合、どこまで診療にあたるのかを、開業前よりしっかりとコンセプトを決めておくことが大変重要です。在宅診療は世の流れですから、負担をかけ過ぎずに、きちんと在宅医療にも取り組める体制を立てて開業すれば、高報酬を得られる分野です。

 

・消化器内科

消化器内科は、内科の中でも最も競争の激しい診療科目と云われています。テナント競争でも、歯科といつも争うのは消化器内科となっているそうです。上部内視鏡のみでは、競争クリニックが多く、これからも増加現象は続くでしょう。ただ、下部内視鏡の技術があれば、その分競争力はかなり上がります。社会の定期検診受診の普及で、大腸がん検診で下部内視鏡検査を受診する必要性が高まって来ています。その際の回復室の確保や、プライバシーへの配慮、トイレ数の確保なども考慮しましょう。

 

・呼吸器内科

開業する場所周辺の人口の多寡によって、呼吸器内科の成否は決まると云われます。新規開業時から評判を取るには、小児ぜんそくの患者さんを多く集める努力が最大のポイントです。お母さんの口コミは何よりも強力です。

 

・循環器内科

患者様にとっては、神経内科の次に分かりにくいと云われるのが、循環器内科です。今の患者様は皆、ホームページやスマホで検索して、あなたの医院・クリニックにたどり着きます。そのための検索ワードは「ホルター心電計」と云ったものなどではありません。例えば、「足のむくみ」などの、分かり易い言葉を添えたホームページ作りを心掛けましょう。

 

いかがでしたか、

今回は「内科医院・クリニックの開業・集客ポイント」についてのご紹介でした。

是非、参考にしてみてください