コラーゲンの豊富な食べ物と効果的な摂り方

病院や美容クリニックでも、大流行の「コラーゲン」。シワやたるみ、しみ、くすみなど、お肌のエイジングサインに気付いたあなた、「コラーゲンを取り入れたい」と思っているんじゃないですか。さて、コラーゲンを豊富に食品って、どんなものがあるのでしょう。ここでは、そんなあなたの希望に答えられる食品、そして効果的な摂り方、避けた方が良い食品をご紹介します。

・コラーゲンを多く含む食品と含有量

コラーゲンを多く含むと思われる、見た目の目安は、冷えた時のゼラチン状の煮こごりがプルプルして見えるもの、それがコラーゲンそのものです。おもに肉や内臓などの動物性たんぱく質に多く含まれます。

(100g中のコラーゲン量)=フカヒレ9920mg、牛スジ4980mg、鶏軟骨4000mg、豚白モツ3080mg、手羽先1550mg

魚類―ウナギの蒲焼き5530mg、皮ありのさけ2410mg、皮ありさんまの開き2230mg、皮ありブリ1620mg、イカ1380mg、エビ1150mg、マイワシ1060mg、皮なし真アジの開き1010mg 等に多く含まれています。

鶏肉はどの部位もコラーゲンが多くて、低カロリーとダイエット志向の方にはピッタリです。尚、魚の皮と身の間にはコラーゲンが豊富ですので、皮を残さずに食べたほうが、美容には良いでしょう。

・コラーゲンの効果的な摂り方

1日に必要なコラーゲンは5000~10000mgと言われますが、日本人は平均1900mgと、明らかなコラーゲン不足ですので、食事以外にサプリメントやドリンクで補いましょう。

  • 一緒に摂るもの
  • ビタミンC・・・コラーゲンを安定させます。
  • 必須アミノ酸の「トリプトファン」・・・コラーゲンには人間が体内で充分なだけ合成できない必須アミノ酸の「トリプトファン」が含まれないので、動物性たんぱく質や穀類(ご飯、パン、麺)、乳製品より、補給しましょう。
  • 「エラスチン」・・・コラーゲンの線維を引き締め、弾力のある肌を維持します。
  • 避けるもの
  • 高脂肪分・・・皮膚に脂肪がつき、重みでしわやたるみになります。
  • 甘いもの・・・コラーゲンを糖化し、固くなって、弾力性を失います。コラーゲンを作る線維芽細胞を弱めるので、糖とコラーゲンの結合を抑える食物繊維と併用して、摂取しましょう。

いかがでしたか、

今回は「コラーゲンの豊富な食べ物と効果的摂り方」についてのご案内でした。

健康と美容に欠かせない「コラーゲン」を上手に摂って、益々、健康で美しくなって頂きたいものです。

是非、参考にしてみてください。