クリニック集客のポイント

クリニックの集客方法にはハッキリとしたコツがあります。今、あなたはどんな集客方法やっていますか? チラシ、ダイレクトメール、看板、ポスティング、・・・
ダメ、ダメ!そんな方法が通用したのは昭和の時代!それじゃ、お客(患者さん)は近所の数人しか集まりませんよ、これから集める目標は、“35億!”インターネットを使って、ここに紹介するポイントをしっかり理解すれば、可能ですよ。

・ホームページをみてもらおう

医師法の制限で、紙面を使っての集客方法には規制がかかるので、クリニックの告知の手段としてはホームページが最良になっています。だから、長いスパンで考えて、ホームページの有る無しの差は、集客に大きく響きます。
一般的にクリニックのホームページには、何科、受付時間、アクセスなどが書かれていますが、これでは不十分ですよね。以下に載せるべき重要項目を挙げます。

① 先生の理念

先生の診療に向き合う姿勢、強い思いや情熱を患者さんは見ていますよ。

② 院内の雰囲気

クリニックは怖い所というイメージを覆すための工夫が必要です。スタッフの笑顔で優しそうな顔写真や明るくリラックスできる院内の風景はとても重要です。

・検索のワード

小児科、耳鼻科、皮膚科、などは普段利用しない専門科はネットで検索する事が多いものです。それに比べると、内科は頻度が落ちる傾向にありますが、「内科 地域名」「夜間診療 地域名」など、限定ワードを盛り込めば検索されます。また、“治療に長期間かかる病気”や“専門的な病気”を治療するクリニックを検索する傾向にあります。「糖尿病」「リウマチ」「気管支喘息」がこれにあたります。反対に「虫垂炎」などの急性疾患は近所のクリニックに駆け込むので、ネットで検索する余裕はありません。

いかがでしたか?
今回は「クリニックの集客ポイント」について、ご紹介しました。
いかに、ホームページが大切であるかが、お分かりになられたと思います。
ぜひ参考にしてみて下さい。